スポンサードリンク

「ジュマンジウェルカムトゥ・ジャングル」 最新おすすめ映画 口コミ レビュー

最新映画「ジュマンジウェルカムトゥ・ジャングル」

1995年に製作されたジュマンジ

私が56歳の時に父親がビデオレンタル屋で借りてきて一緒に観た記憶がありますが当時の私にはかなり衝撃的な内容でとにかく怖かったと言う記憶が未だに鮮明に残っています

ボードゲームに閉じ込めれてしまうという想像も出来ない恐怖で私は軽くトラウマを覚えました

そして今年に日本でも公開されたジュマンジウェルカムトゥ・ジャングル予告編からコメディ要素が強く当時の私が感じたイメージとは違いました

アクションも満載で面白そうだなと思い先日映画館で鑑賞してきました1

995年のジュマンジボードゲームでしたが今作では時代に合わせてTVゲーム版

旧作との差別化があっていいなと思いました

【ものがたりのあらすじ】

「ジュマンジウェルカムトゥ・ジャングル」の物語の主人公スペンサーは内気でヒョロヒョロ体型オマケにアレルギー体質で過保護に育てられたゲームオタク

そして彼と同じく学校で問題を起こしてしまった3人がある校長の命令で機材庫の整理をして反省するようにと告げられます

機材庫の中でジュマンジ書かれた古びたゲーム機を発見し4人は気分転換としてゲームを始めます

すると彼らはゲームの世界へと吸い込まれてしまいました

主人公は筋肉ムキムキで溢れんばかりのフェロモンオーラ全開のマッチョな男性

彼の幼馴染でいじめっ子的な立場の友人フリッジはアメフト部で体格が良かったはずなのに背の小さな少年

あまり美人ではない内気なオタク女子マーサはスタイル抜群の美女

そして自分大好きなリア充男を手玉に取るのが得意な撮り女子べサニーはなんと小太りの中年男性の姿でゲームの世界へと入り込んでしまいました

実はこの姿ゲームを始める時に4人がそれぞれ選んだアバターの姿だったのです

ライフは一人3回まで彼らは無事にゲームをクリアし元の世界へ戻る冒険へ旅立つ事となりました

同じ言葉を何回も繰り返すノンプレイヤーキャラや胸を押すとそれぞれのスキルをチェックする事ができる市場で食料を食べると体力が回復するなど一度でもRPGをプレイした事がある方ならこの映画の設定にハマると思います

「ジュマンジウェルカムトゥ・ジャングル」は最初はあまりいい雰囲気では無かった4人はですがゲームを進むにつれてそれぞれの能力を信じ全員で元の世界へと戻ろうという強い絆が生まれて行くアクションもコメディ要素もたくさん含まれている最後までハイスピードの青春ロードムービーでした

「ジュマンジウェルカムトゥ・ジャングル」良ければ是非見てみてください

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です